調布市 夜勤専従看護師

パートから常勤への切り替え

産後復帰をパート勤務にして、子どもが6年生になったのを機に常勤にしました。

 

周りの方も子育て一段落したら、この一段落というのは人によって様々なのですが、常勤にしたという方は多いですよ。

 

特にお子さんが進学を控えている場合、支出が増えるからということで、日勤のみにしていた方が日勤と夜勤があるシフトに替えられることもあります。

 

私は夫が普段も夜遅い仕事なので、出来るだけ夜勤はしたくない意向を伝えて、日勤常勤にしてもらっています。

 

なので、パート勤務の頃とあまり仕事や時間帯は変わりませんね。

 

でも、自分の中で責任感は大きくなったように思います。

 

多少の残業も必要であれば、パートの方は時間通りに帰っていただいて、私が引き受けることもあります。

 

というのも、私がそうやってパート時代に協力していただけたおかげで、子育てと仕事の両立出来た、という思いがあるので、次の方に恩返しの意味もあります。

 

自分だけでなく、多くの看護師が子育てと仕事をうまく両立してやっているので、とても励みにもなるし、頑張る意欲もわいてきて、女性の多い職場で良かったな、と思います。

 

有休の日数も増えたので、子どもの行事などに行く機会も増え、平日にしたいことが出来るようになって、リフレッシュのために休暇を取ることもあるので、とても良い感じです。

 

いくつになっても、リフレッシュは、学生時代の仲間とおしゃべりすること。年齢を重ねるにつれて、行くお店もグレードアップしていって、私達もこんな時間の過ごし方が出来る大人になったんだね、と嬉しく話します。

 

特に中高時代の部活仲間はずっと支えになってくれます。苦楽を共にして、目標に向かって切磋琢磨、多感な時期にお互いの良い部分も悪い部分も認め合いながら、共に成長してきた仲間と会うことは飽きることがないですよ。