調布市 夜勤専従看護師

最近はストレッチャーでの移動しか出来ない方でも海外旅行に行けるのだとか。すごい!日本は障害や病気に対する理解が進んできていますね!

昔は、寝たきりや車椅子の状態になってしまうと、外出する事ができなくて、生活がかなり制限されてしまう、
といったイメージがありましたよね。
身体に障害がある状態では気軽に外出する事もできず、家に閉じこもっているしかない、といった感じでした。
でも、最近はかなり変わってきています。
障害や病気に対する理解が進んできているので、身体が不自由な方でも外出しやすい環境になってきましたよね。
どこに行っても、その変化がスゴくよくわかると思いませんか?
例えば、車椅子用のトイレが設備されているのは当たり前だし、バリアフリーの施設が沢山あります。
それに、レジャー施設やホテル、レストランなど、あらゆる場所で、車椅子の方が不自由する事なく利用できるように、
配慮されていますよね。
駐車場にしても、障害者用のスペースが必ず確保されています。

 

先日も、新幹線に乗った時に、車椅子に乗った方を、車掌さんが乗降の介助をしているのを見たんですよね。
なんだかとても嬉しい気持ちになりました。
それに、ヘルパーの資格を持ったタクシーの運転手が、外出の手伝いをしてくれる、というサービスもあるんですよ。
そればかりではなく、最近は、寝たきりのストレッチャーで移動しかできない方でも、海外旅行に行く事が可能なんです。
以前の環境を考えたら、夢のような事ですよね。

 

日本は本当にステキな国に変わってきていると思います。
身体に障害がある方が利用しやすい環境になれば、自由に外出できるので、生きている事を楽しむ事ができるし、
それが生きる希望にも繋がりますよね。
今では、障害があるからと言って、閉じこもっている時代ではないんですよね。
もっともっと、障害者や病気の方に優しい環境になって欲しいです。