調布市 夜勤専従看護師

育児環境が整っている病院の探し方は?

看護師や医師不足という話を耳にしたことがあると思いますが、その問題解決には、女性の働きやすい職場環境、出産や育児で職をあきらめなくても良い環境を目指すために、行政も病院経営側も努力している感じがあります。

 

育児による女性の離職は社会の損失でもあるんですよね。

 

とはいえ、育児はそう簡単なことではありませんし、昔のように地縁、血縁に頼った育児は都市圏では見られなくなり、核家族で、育児の喜びも感じられないまま必死に育てている状況にいる方達と大勢いると思います。

 

出来るだけ出産、育児で離職しないように、24時間院内保育園を設置している病院があります。

 

夜勤が必須の職場では、必要不可欠で、昔は保育園といっても小さな部屋を一時的な保育室のようにしていたこともあったりしたようですが、今は行政の指導、ニーズなどに合わせて、とても良い保育環境を整えている病院もあります。

 

また、病院によっては、看護師用の独身寮だけでなく、家族寮を設けているところもあったりします。

 

寮といっても、2DKなど十分な広さです。

 

保育料も民間保育園に預けるよりは安く、それだけ経営側の助成があるということで、より良い職場環境を作る努力をしています。

 

また、スタッフの多い病院であれば、シフトも希望を遠慮なく言うことが出来、社会的弱者である子ども達を育てている親が安心して働ける環境は、誰にとっても安心して働ける環境につながっていきますからね。

 

ママさんナースが多くいるかどうかも目安になりますね。

 

仕事と育児、家庭の両立は核家族が多い今の時代、まだ日本の制度が追いついていないために、難しいこともありますが、24時間365日看護・医療サービスを提供する病院ですから、病院によっては最先端をいく労働環境を持つところもあると思いますよ。